« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月26日 (金)

なにこれ?な日々

いやいやいやいや、テンションあがらんなぁ。

別に落ちてもないけど。

淡々と日々が過ぎてく。

いろいろ思う所あれど、言いたい事を言おうと思えば、ある種の覚悟が必要な時代だし。

あたりさわりないどうでもいい日常を晒す意味も見当たらないし。

あ、先月とりあえず海行ったから夏の目標は達成ね。

・・・実にどーでもいい。

なんかこう、要するに気に入らねぇんだよな、いろんな事が。

でも、何かを失ってまで主張するほど熱くもならねぇ。

つうか、今に始まった事じゃねぇって感覚が諦念を呼ぶ。

個人でどうにかなる問題ならどうにかするんだけど、どーもならん事をグダグタ言うのも意義を感じないしなあ。

なんだろ、嘘と建前と偽善が日常に埋め込まれてて、誰もがある意味目を背けたまま日常を過ごしててるワケだ。
何も感じてないバカ以外は。
で、いいのか?こんなんで?と思っちゃったら、当然そこに違和感を感じるんだけど、考えりゃ考えるほどソレが国の、もっと言えば人類の歴史だって気もする。

どうせウソっぱちだらけの世の中なら楽しくなるウソつきゃいいのに。

あれ、鬱気味の厭世率100%な文面になってきたな・・・。

へんなスイッチ入る前にやめとこう。

ま、楽しく笑える材料を探すだけで一苦労だぜ。

| | コメント (1)

2011年8月 6日 (土)

しくよろ!

テレビ界グダグタ。

政治グダグダ。

原発処理グダグダ。

パッとしねぇなあ、オイ!

そんな中、チョイと朗報。

IPマルチメディア放送というのがあってだね、簡単にいうとネット放送局。

ネットで番組や作品コンテンツ見れますよ!ってやつ。

いくつかあるんだろうけど
(ゴメン、あんまソッチ方面詳しくないから、俺自身が把握できてない)
そん中で『東京国際テレビ』というのがあって、先月から『HYPO』がかなりヘビーローテーションで放送されてます。

『HYPO』は東京ゲリラムービーズの第一回作品でメキシコ国際映画祭で入賞したり、清水崇監督に気にいられて清水崇賞を授賞した作品。

で、今までイベント上映と映画祭でしか上映してなかった超レア作品。

PCやインターネット接続テレビで視聴できるらしい。

『らしい』ってどーゆう事だ!とちゃぶ台ひっくり返したそこの君、とりあえず『東京国際テレビ』で検索して視聴方法を確認して、チェックしてみてくれ。

・・・実は俺のPCだと何かがダメらしく、うまいこと行かないんだよね。

でも、ちゃんと見れてるって報告も入ってるから、見れる人は見れると思う。

そんな理由で『らしい』だけど、よろしく!

ちなみにテレビ用に前田監督がちょっと編集を弄った特別バージョンだよ!

| | コメント (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »