« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

いいね。

ぽっかり時間が空いたので『誰も守ってくれない』を観てきた。
キャスティングの時点である程度成功は約束された様な作品だったけど、良かったよ。
映画としても、考えるべき社会問題としても、観てみるべきだな。
さすが君塚さんってカンジ。(馴れ馴れしく書いてるが、面識はない。)
で、俺の感想は、書き始めると長くなりそうなのでカット。
(何の為のブログ?とかいうな!)
ま、誰かと酒のんだ時にでもブチまけるとしよう。

しかし、佐藤浩市さんはイイなぁ…。
っうか、ほとんどの人が良かったけど。

あ、そういえば俺がチラッと浩市さんと共演させてもらった『警官の血』というドラマが来月オンエアなんでよろしく!
(こっちの詳細は後日ね!)

※で、だから俺は社会派の作品がやりたいんだって!
諸々の関係者、マジでよろしくってば!

| | コメント (1)

2009年1月23日 (金)

ゲバラ

ソダーバーグ監督の『チェ』の前編を観てきた。
ゲバラを描いた映画。
以前からゲバラには興味あったしね。
マルクス主義とか共産主義って国家としては成功してないから問題はあるんだろうけど、資本主義の弊害が世界中で噴出して、要するに一部の金持ちがカネにモノいわせて搾取繰り返して、その他大勢がカネの奴隷になってる現実には考えるトコロあるよなぁ。
日本なんてベトナム戦争と朝鮮戦争の影響で「タナボタで金だけ持っちゃった!」みたいな所あるし、それで調子に乗ってバブルで浮かれて、アメリカにちょっとイジられたらコケて、それから一生懸命アメリカに尻尾振ってたけど、結局今回の大不況…。
なんだかなぁ。
武力による植民地支配とカネによる支配も理論上はたいして変わらんし、弱いものが苦しむ構図は一緒だしなぁ。
日本も貧困にあえぐ多くの国と比べりゃまだマシだけど、コレだっていつまで続くかわからんぜ…。

あ、話逸れたけど、映画は悪くないよ。
ベニチオ・デル・トロってイカついし、そもそも悪人顔じゃん…。
ゲバラってもうちょっと甘い顔だし、どうなんだろうと思ってたんだけど観てるうちにゲバラだと思えてくる…。
いや、実在の人物で誰もが顔を知ってる人を演じるのって大変じゃん…。
顔は違ってあたりまえだし、でもビジュアルからの印象やイメージって映像じゃ強烈だし。
でもソダーバーグの撮り方や演出もあるけど、もう完全にゲバラとして観てたもんなぁ…。
でも、たぶん監督としては、あれでも泣く泣く切った部分あるんだろうな…。
まあ、後半も楽しみな作品だ。

そういえばゲバラも松田優作さんも39歳で亡くなってるんだなあ。

俺、36歳…。
そりぁ人生、いろいろ考えるって…。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

仲間

仲間数人と電話だけど、話した。
かなり久々な人間もいた。
みんな頑張ってる。
たくさんの元気を貰った。
みんなありがとう!
(実はここじゃ書けないけど、新年そうそうトラブル続きでやってらんない気分だった)
まだ具体的には何も解決してねぇんだけど、少なくとも気分は晴れた。
ここが大事なトコでさ、全ての事柄は「気の持ちよう」なんだよ。
わかってても、自分じゃなかなか切り替えられない時もある。
そんな時ポンッて気持ちを押してもらうだけでも、ずいぶん救われるもんなんだよ。
仲間、大切にしようぜ!

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

36

36歳になった。
だからと言って、別に何も変わらんが。
感覚的には20歳ぐらいの頃とたいして変わってない気もするし、考え方や世の中の見方については、多少の知恵はついた気もする…。
今年で東京での生活が、俺の人生のちょうど半分になる。

やりたくねぇ事やってる暇はねぇ。

現状の大部分はウンザリするような現実なワケで、こんな状態をいつまでも続ける気はサラサラない。

ま、誰も助けてくれないんだから自分でやるしかねぇんだけど。

理想を追求し、行動する。

それだけの話なんだよ。

| | コメント (2)

2009年1月 1日 (木)

新年!

明けましておめでとうございます!

2009年がスタートしました。

今年も全力で行こうと思います。

いい事もヤな事も、全部正面から真っ向勝負!

何でもかかってこい!

すべてをプラスに変えてやる。

いくぜ!

※メールくれたり、コメントくれたり、手紙くれたり、みんないつもありがとう!
今年がみんなにとって良い年でありますように!!!

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »