« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

娑婆!

刑期を終え、無人島から娑婆に戻って来ました。
…って言っても、仮釈放っつーか、まだまだ撮影は残ってるんだけどね。

とりあえず無人島ロケが終了し、現在和歌山市内を新大阪に向かって移動中。
新幹線で帰京予定。

無人島生活って言っても実際は「獲ったどー!」みたいな生活をしてたワケじゃないけどね。
(そんな事してたら映画撮れねーし!)

ま、デカイ映画も久しぶりなら、初無人島上陸、数年ぶりの缶詰合宿撮影というわけで、それなりに楽しんで来ました

今回は合作なので国内作品とは違う部分もあり、いい勉強にもなってます!
詳細は後日、発表できる段階が来たら報告しまーす!

ちなみに無人島では、さすがにたくさんの星が見えたし、潮騒を聞きながらゆったりする時間もあったので、仕事で来たのに“癒し”にもなり、ちょっと得した気分!

そんなワケで残念ながら全員不正解!
ブッブッ〜!
行き先クイズの正解は和歌山県の『友ケ島』でした!
(あれ!?問題出してなかったっけ?)

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

オフ

オフ
無人島に流れついて何日経ったかなぁ。
日にちや曜日の感覚がなくなってくる…。
しかも5メートル動けば電波が届いたり届かなくなったりする不思議な受信環境…。
俺は今日の撮影はないんだけど、無人島だけにオフって言われてもすることがねぇ…。
でも考えてみりゃ半年ぶりくらいの丸一日オフなんじゃねぇかな。
浜辺で波の音を聞きながらボーッとしてます…。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

無人島

無人島
今からロケで島流し。
無人島…。
人の住んで無い島だから無人島…。

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

気付いた事。

突然だけど、赤ん坊とか幼い子を見てると俺はやっぱり性善説を信じたいと思う。

うーん、どこから話して、何て言えばいいのかなぁ。

先日、広島に行った時にお会いした先生の著書を読んでるとさ、本当の優しさ・愛情・温かさとかを感じるし、考えるわけ。
教育関係の事を書いてるんだけど、どの世界にも通用する生き方・考え方の基本が書いてある。

“愛”なんだよね。
深い愛。
(愛と聞いて性交渉の快楽しか思いつかない下衆は帰れ!)
その場しのぎや見せかけじゃなく、その子(相手)にその時、本当に必要な事をしてあげるっていう事。

相手の事を考え、相手のために何かするという事。
それは単に甘やかすわけじゃなく、時には転ばせて学ばせる。
場合によってはブン殴ってでも止めるべきものは止めさせる。

…俺、本当にそうだと思う。
口先だけで甘い事を語る以上の偽善はねぇだろ…。
TVのコメンテーターじゃねぇんだからさ。

一人一人が周りに対してキチンと気持ちで接すれば、少しは世の中も良くなるんじゃねぇかと。

で、なんか俺もこのまんまじゃいけねぇなって…。
(もっと具体的な内容は追い追い話すよ)

一方、芸能方面で関わるヤツら見てるとさ、もう何ちゅうか、かなりの確率で自己陶酔、自慢話、テメェの事だけ、金の事だけ、目先の事だけ…。
セクハラ、パワハラ当たり前、場合によっちゃ人権蹂躙じゃねぇのかソレ!っつうのまで。

…。

しょぼい…。

ウンザリしてくる…。

歪んでるし、欠落してるし、壊れてる…。

なぁにが夢売る職業だよ…。

こう、人としてのレベルが、もう終わってるヤツがウジャウジャいるわけだよ…。
(※一般論で書いてるのでギョーカイ関係者は当てはまってても根に持たないように!面倒くさくてしょうがねぇ)

価値観や考え方は人それぞれだと思ってるし、筋が通ってりゃ「俺とは違うな」と思っても、まぁそれなりに寛容に受け止めてるつもりだよ。
…基本的には。
…たぶん。

問題は、そこに納まらないヤツの場合。

まぁ、そんなんでも半面教師として捉えたり、単純に“変わった生き物”として面白がって眺めてみたりと、努力はするんだけど…。

例えばさ、どこの世界でも「先輩だぞ、上司だぞ」的な上の立場から“自分を認めろ”アピールするヤツいるじゃん。そんなのに限ってさ、事の本質が見えてねぇくせに枝葉末節のホントどうでもいい所をゴチャゴチャぬかしてやがる…。
自己顕示欲だけ人一倍なのに、中身が全く伴わないから主張がトンチンカン。
判ってねぇくせに誰かの言葉の受け売りばかりだから、使い所を間違えてたりでツッコミどころ満載…。

そんなんだからみんな離れてくし、認めてもらえなくなるのにね…。

まぁ、俺はそれでも“嫌な上司に接するサラリーマン役”とかの感情作りに役立つかなぁと思って耐えてるんだけどさ、それにも限界はあるよなぁ…。

言っていい事と悪い事のラインを知らねぇのとかってさ、人格疑うとかのレベルじゃなくて、むしろもう、そう言える精神構造を学術的に研究したいぐらいだよ、俺は。

まぁ、ムカつく時点で俺の修業不足か、相手に対する情の不足もあるんだろうけど。
う〜ん、やっぱムカつく相手を博愛主義で迎えるっつうのは難しいよなぁ…。

まぁ、いいさ。
やれる範囲で、俺は俺の道を行きます!

そんなワケで、大事なことを見失いかけてた自分に気付いちまった…。

本当の強さと優しさ、充実感と心の豊かさ…。

人間を育てるのは人間なわけで、間違った教育や悪い生活環境がさ、生まれた時は無垢だった心を歪めてゆくわけだよ。

それなら、一人一人が相手を思いやる環境を作って助けあう心を持ってれば、親が子を殺し、子が親を殺すような哀しい事件はなくなってくハズだろ?

単純に構造上だけで考えりゃ加害者がいなけりゃ被害者は出ないんだから。

当分、不況は続くだろうし「自分さえ良けりゃ」的な発想でいたら、今よりもっとヒドイ世界になっちまうぜ!?

で、何が一番言いたいかというとね、さしあたってイジメってなくせねぇのか?って事。

学生に限った事じゃなく、大人社会にもイジメは当たり前に存在するじゃん。
っつーか、むしろ日本人ってイジメ体質で、自分より弱者を見つけて優越感に浸る事に至上の喜びを感じる人種じゃん…。

まず、ソコから変わろうぜって話。

目クソ鼻クソの優劣を競いあってたって何の役にも立たねぇだろ?

むしろ誰かの弱い部分は周りがフォローして、いい部分を伸ばしてやった方が結果的にみんなにプラスになると思うんだけどねぇ。

…なんでだろ?
文字にすると自分でビックリするくらいインチキ臭いな…。
けど、たぶんソコを照れちゃいけねぇんだろうと思う。

あ、念のため!
別に何かの宗教にハマっちゃったわけじゃねぇよ。

要は理屈より行動あるのみ!って事だな…。

| | コメント (1)

2008年11月 5日 (水)

贈る

俺は最近、毎日ずっと考えてる…。

俺の中で様々な価値観がコペルニクス的転換、あるいは崩壊を起こしている…。

演じる事、表現する事を軸に「人間」を考えるところからスタートした訳なんだけど、死生観や本能・衝動、感情、精神、宗教、経済、法…。

チェーンスモーク的に“ここを知らなきゃ進めないだろ?”という興味が飛び火し、様々な事を自分なりに理解しながら進むうちに、人間の愚かさに半ば呆れ、同時に自分で自分を精神的にどれだけ縛り付けていたかにも気付き、“今さら気付いてもなぁ”と苦笑いを浮かべたりしてる…。

どこまでいっても人生ってヤツは個人的な物だし、当然価値観もそれぞれ。
生まれ落ちた瞬間からの運の良し悪しもあるが、どの生き方にもそれぞれにメリット・デメリットがあり、結局他人からの評価はどうであれ、己の人生を生きるしかない。

無い物ねだりの欲求は尽きる事がないし、何かを得れば何かを失う…。
たとえ血縁者であろうがなんだろうが(距離の差こそあれ)自分以外の他者との溝は永遠に埋まらないし、出会いがあれば必ず別れる…。

やっぱり人は孤独なんだよ。

俺の価値観は“俺の中”にしかないし、判断基準は“俺の尺度”でしかない。

どうせ死ぬのに生まれてくる事自体がムダと言えばムダだし、限りある生命だからこそ、輝く瞬間もあるのだろう。

どこに価値を求め、何をするか。

“生きる”って、一人一人がその答えを探しながら、限りある時間の中を歩く“旅”そのものなんじゃねぇかなぁ。

答え云々、結果云々じゃなくて。

こんな事を考えてても一文にもならねぇんだけど、銭カネの問題じゃねぇ。
全てをゼニに換算出来ると考えるほうがおかしいだろう…。

俺は確認しながら、一つ一つ自分で納得しながらじゃねぇと気持ち悪くて次に進めないんだよ。

法や道徳的な事にはコメントを控えるけど、自分自身に対してはマジメで頑固だぜ、俺…。

だから不器用だし損してるかもしれないけど、他人に責任転嫁はしないし“すべて自分で選んできた”と胸を張って言える。

…今、友達に辛い過去を背負い、深い心の傷を抱え、さらに病に苦しんでる人がいる。

何もしてやれない。
何も言ってやれない。

だから俺は、俺の言葉で俺の事を書く。

確かに世の中は腐ってるし、不平等だ。
でも実態のない“世間”なんかより俺は俺の価値観の方が重要だし、俺は終わる瞬間まで俺にとっての幸福を追求する。

俺は死ぬ事より、充実感なく空虚に生きる時間の方が辛いし、怖い。

何が正しいとか、善悪とか、モラルとか、そんなものどうでもいい。

生きてるうちは、常にその置かれてる状況から可能な限り、己がその瞬間に感じる幸福を追い続けるべきなんだよ。

永遠に続くものはねぇけど、その瞬間に感じた“幸せ”は永遠だぜ!

(ちょっと熱くなって格好つけすぎたけど、マジでそう思う…)

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

闇。病み、ヤミ…

世の闇。
タブー。
暗部。
…すごいね。

たぶん、もう手のつけようがない…。

政治・官僚・財界・企業・金融・宗教・マスコミ・芸能・ヤクザ…。

社会的な、興味ある事を調べ続けてたんだけど、知れば知る程、底がない。

知らなかった事ばかり…。
まだまだ知らない事がいっぱいあるんだろうな…。
知らない方が幸せって事も。

世の中、ホントに腐りきってる…。

一般の人は、どのくらい知ってるんだろう…。

ただ、断言します。

誰もが幸せに暮らせる世の中なんて永久に来ません。

辛い思い、苦しい思いをする人間がいるから、甘い汁を吸えるヤツがいる…。
利権にありついた連中は自らその権利を放棄するわけがない…。

誰かを潰しても、代わりのヤツが蜜にたかるだけ…。

キリがない…。

今まで身の回りの馬鹿に呆れたりしてたけど、みんなカワイイカワイイ。

腐ってるヤツらは、そんなもんじゃない…。

怒りの対象が多過ぎて、分散しちまう…。

ただ無力感だけが広がってく。

もう、みんな勝手にやりゃいいじゃねぇか…。

生きる気力がなくなっちまいそうだよ…。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »