« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

さくら

夜桜って色っぽいな・・・。

俺、サクラ自体が、たぶんガキの頃から好きだったんだけど。

刹那的な儚さが、もう辛抱たまらん・・・。

(写真ぐらいアップしたいんだけど、ホラ、俺の携帯のカメラは如何ともし難いし・・・。)

あ、それ以前に、あの瞬間的な美しさはさ、たとえカメラに収めても、生の美しさにはかなわないんだよな・・・。

あんな風に咲き、惜しまれながら散る人生に憧れる・・・。

| | コメント (0)

2008年3月26日 (水)

ん!?

               ↑

よくわかんねえけど、この辺にやたら広告出てる?

(パソコンで見てる人だけだろうけど・・・)

それとも、ココログのサイトから入ると出ないけど、俺の名前とかで検索して入ると出るの?

よくわかんねえだろ、言ってる事。

俺も人に言われた事なんで、よく状況が飲み込めてないんだけど・・・。

何か、タイトルと本文の間に広告があるらしい・・・。

どう?

そーなってる?

だとしたらウザイなあ・・・。

情報を求む!

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

・・・って事で!

ども!

コイツ、更新する気ねえーんじゃねえか!?とお思いのみなさん、ホンマすんません。

やろう、やろうとは思ってんだけどなあ・・・。

ぶっちゃけ、それどころじゃない日々なのよ。

・・・寝たい。

・・・カネ、欲しい。

・・・遊びたい。

・・・南の島でのんびりカクテル飲みながらパツキン姉ちゃんのナイスバディ眺めてたい。

すべて叶わぬ日々・・・。

ま、それなりに充実してるから、いいんだけどね。

悩みながら、妄想しながら、時間ねぇなりに何とか元気でやってます!

って事で、じゃあね~!

(中身の無さがスゲェだろ!?まだ、書けねえ事ばっかりなのよ・・・)

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

娘よ!

娘が保育園を卒園した。
娘はケロッとしてるが、むしろ親の方が感慨深い。
何しろ、1歳から通ってたワケで。
その間に歩けるようになり、言葉を覚え、他者とのコミュニケーションが取れるようになり、オムツからパンツになり、一人で着替えが出来るようになり、そして来月からランドセルだ…。
保育園の先生方、本当に有難うございました。
感謝してます。
カミさんにも感謝してます。
そして、娘よ!
君に何より感謝してます。
さみしい時もあっただろう。
つらい時もあっただろう。
それでも明るく優しい子に育ってくれてる。
君を育ててるというより、君の成長を見ながら俺が『人間』を学んでます。
チンピラみたいな考え方しか出来なかった俺が、君と出逢えたおかげで、少しはマシになれたんじゃないかな?
君はホントの意味で、初めて無条件に俺がテメェの命より大切だと思えた人です。
あんまり家にいない父ちゃんでゴメンな!
贅沢はさせてやれないけど、何があっても俺が守ってやるから!
君にとって一番幸せな人生を探し、その手に掴む事を願います。
ところで君の、その笑いのセンスはどこで学んだんだい?
父ちゃんはそんなの教えてないぞ。
気が付けば“乗りツッコミ”や“3段オチ”まで…。
娘よ、君はドコに向かってるの?

| | コメント (2)

2008年3月 5日 (水)

観てないけど、告知

同郷で、プライベートで何かとお世話になってるプロデューサーが作ってる映画『クライマーズハイ』のHPがアップされたそうです。http://climbershigh.gyao.jp/

公開は7月。

御巣鷹山の飛行機事故がテーマです。

(俺は、まだこの映画観てないけどね・・・)

でも、こういう社会派の映画は出たいなあ。

↑つまりは、出てない!

出てないけど、観てないけど、宣伝してる・・・。

まあ、こういう作品をやりたいと常々言ってるワケで。

(原作は知ってるし。)

成功してくれないと余計しょーもない、観る気にもならねえ映画ばっか作られる事になっちまうからなあ。

期待してるぜ!

と同時に、ハナッからダメだとわかってる映画なんか観に行くなよ、みんな。

そんなのがなんとなく儲かっちまうから、しょーもないのが増えて、いい作品が作りにくくなるんだよ!

しかし、飛行機事故って聞くと、イエローモンキーの『JAM』って曲を思い出すなあ。

※あくまでも映画化の心意気を応援してるワケで、期待はしてるけど、観てないので、責任は取れないよ~ん。

| | コメント (1)

2008年3月 2日 (日)

♪オッサーン

♪オッサーン
♪オッサーン
これ、先日の仕事の刀傷メイク。
しかし、俺、優しい顔になったな…。
素の優しさが滲んじゃうんだよね。(笑)
時々、客観で自分の見え方をチェックしながら演技プランを考えないと、やってる芝居と見え方がズレてくると改めて実感。
「若い衆テイストの芝居はベテランでも中年テイストの芝居は新人!」ってマブの芸利古雄が言ってたけど、ホントだなあ…。
30代も半分は過ぎたもんなぁ…。
理想のオッサン像を目指して飛ばすぜ!

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »