« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

大晦日。

まいど!!

俺は慌しくも楽しい年末を過ごしております。

・・・あ、肝臓も何とか持ちこたえたみたい。

さあ、2006年も残すところ数時間です。

みなさんの2006年はいかがでしたでしょうか?

今年は新たな出会い、懐かしい再会と嬉しい事もたくさんあり、ここ数年と比べればとても幸せな1年だったと思う。

素敵な仲間たちの更なる幸福と、まだ見ぬ素敵な出会いに期待して。

来年はもっともっと行くぜ、BABY!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

まあ、そんな時期だけど。

連日飲んでる・・・・。

確かに普段も飲んでるけど、この時期は量が・・・。

毎日、朝は『今日は控えよう』とか思うんだけどなあ。

気付いたら始発!とか、終電ピーンチ!とか、チャリンコだから時間カンケーねえもんね!とか・・・。

土曜は某プロデューサー交えて飲んで、日曜はツレの舞台の後仲間と飲んで、昨日は事務所の稽古納めで飲んだ。

そして今日は映画『北辰斜めにさすところ』の打ち上げ。

明日からは餅つきの準備、本番、片付けで3日間、原田芳雄さん宅に入り浸り。

頑張れ、俺の肝臓・・・。

なかなか家に帰らないダメ親父を許せ、娘よ・・・。

だから年賀状どーすんだよ、俺!

・・・関係各位へ

年賀状、遅出しでも暖かい目で見てくださいね・・・。

悪気はないんです。エヘッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

バシッ!

今日は兄弟分、芸利古雄が出演する舞台を観に府中へ。

アクションがらみの作品な為、知り合いのアクション関係者、俳優諸氏の姿もチラホラ。

いや、芸利は相変わらずの巧みなジジイ芝居。おもろいなあ。

しかし、1番感動したのは階段落ちをバシッと決めた加賀谷圭さん。

巨体を派手に転がしての階段落ちは会場からも拍手喝采であったが、俺の記憶する限り彼は高い所が大嫌いなはず・・・。

その役者根性ぶりに俺は心からの拍手を送りたいと思う。

そして同じ業界で闘ってる昔の仲間たちに、いろんな意味で刺激をもらえた1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ヤだヤだ!

な~にがクリスマスだよ、FUCK!!!!!

どこもかしこも人で溢れかえりやがって!

全日本人混み撲滅委員会会長の俺としては、1日も早く俺にマシンガン及びバズーカ砲の携帯ならびに自由発射の権利を要求します!な今日この頃なのだ。

ドコ行くんだよ、どいつもこいつも。

日々の疲労度と不快指数が爆発的なハネ上がりを記録してるぜ!

で、クリスマス過ぎれば俺ら的には超ビッグイベント、原田芳雄さん宅の餅つきが待ってる・・・。

10年ぐらいスタッフとして関わってるけど、普通、個人宅にのべ300~500人来るか?日本のトップ俳優、監督、ミュージシャンがゴロゴロ。(たまに誰も知らんヤツが紛れてたりして、ビックリするけど)

ワケのわからん酔っ払い追い返して、餅つき盛り上げて、もう大変なんだよ。

毎年、年末は声ガラガラなんだよね。酒のんで大声で騒いでるから・・・。

そんな感じで年末まで予定ビッシリ・・・。

あ、年賀状・・・。

もうさあ、用意ドンで年賀状全国的に廃止しねえか?

| | コメント (1)

2006年12月20日 (水)

決意表明!!

先日のぶっ壊れかけたテンションからは復活!

まあ、いろいろ思うトコロもあってさ、時々自分に発破かけなきゃって思ったりするんだよ。

葉っぱキメなきゃじゃねーよ!

来年あたりは自分で映画も作りてえな!とも思ってます。

で、スポンサーは随時募集中です!

コメントでもメッセージでもガンガン送ってください。

事務所(アルファセレクション)とも、なんか1発カマしたろうと話してるんでコレはかなり本気です。

協力&応援、よろしくね!

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

コワレハジメタ?

・・・・自分に言い聞かせてみる。

考えてもしょうがない事は考えるな!

どうにもならない事なんて、どうにでもなっていい事!

生きている事なんて死ぬまでの暇つぶし!

やるだけの事やってから言え!

死ぬ気でやれ!

甘えるな!自分の道は自分で切り開け!

最後に笑えばいいんだよ!

ここらで1発ブチかませ!

・・・お前、力抜けよ。

お前、誰?お前、何がしたいの?

やりたい事全部やっちまえ!自分で縛るイミあるの?

くだらねえプライドなんざ、便所に流して捨てて来い!

ホンネとタテマエ、すり抜けろ!丸め込め!シラを切れ!

悪いヤツはバチがあたる!

弱いヤツは生き残れない!

出る杭は打たれる。出ねえ杭は腐る!

地獄に落ちろ!・・・ここが地獄さ!

素直?それとも単純バカ?

粘り強い?それともあきらめ悪い?

理屈っぽい?それとも思慮深い?

慎重?それとも臆病?

信じるものは救われる?それとも信じる者はダマされる?

努力に勝る天才はなし!・・・ムダな努力を徒労という!

人生なんてムダの集積さ・・・。

愛がすべてさ!

・・・もしも愛がすべてなら愛しいお金は何になる?

あれ!?

のんびり行こうぜ!・・・今日死ぬかもしれないんだぜ?

・・・生きてるうちが花なのさ!

| | コメント (1)

2006年12月16日 (土)

仲間!

昨日は高校時代の野球部の1コ上の先輩と飲んだ。

野球やってた頃すげー世話になってて、引退してからも鹿児島にいる時はちょこちょこ遊んでた大好きな先輩。

しかし、連絡先がわからなくなってて、10年近く会ってなかった・・・。

先日鹿児島に帰った時、後輩が連絡先を知ってて、聞けば横浜に住んでると言う。

なんだよ、もっとはやく知ってりゃ連絡してたのに。

(残念ながら今月、その先輩は名古屋に引越しちゃうらしい)

でも、ポンッと会ってすぐに昔の感覚に戻れる。

そういう仲間がいるって幸せだぜ!

楽しい酒でした。

今日は事務所全体で某プロデューサーに見てもらう予定。

感覚が合う人だといいなあ。

業界なんて出会いと別れのくりかえしだから、当然、合う合わないはある。

合えば仲間が増えてくし、合わなきゃそれでさようなら・・・。

どうせ一人で生きてく事はできないし、それなら仲間がイッパイいた方が楽しいじゃん!

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

たばこ

吸いたくねえのに気がついたらタバコくわえてる。

胃が気持ち悪い、口が気持ち悪いと思いながら・・・。

約1年やめてた時間は何だったんだろう・・・。

やめてる時はぜんぜん平気じゃん、やめれるじゃん俺!とか思ってたのに。

ムダ金だってわかってんのに、やめる努力をする気になれねえ・・・。

| | コメント (3)

2006年12月10日 (日)

こまねこ

年の差28歳、つきあって5年半になるピチピチギャルと映画デート。

彼女にとっては人生初の映画館での映画鑑賞。

じっとしてられるかな?と心配だったが彼女も大満足のようでした。

観てきたのはコマ撮り人形アニメーション『こまねこ』。

映画のフィルムって1秒間に24コマなんだよ。

写真のフィルムで24枚撮りのヤツ連写して1秒って考えりゃわかりやすいかな。

で、コマ撮りアニメってHPhttp://www.komaneko.com/index.shtmlから引用すれば「人形をひとコマ(1コマ=1/24秒)ずつ動かし、照明・セット・カメラポジションを変えながら撮影するアニメーションの手法。1日わずか数秒分の映像を撮影することしかできません」っつー事で、各スタッフは気の遠くなるような作業を繰り返してたわけですよ。

ご苦労様です!

監督の合田さん(今日、劇場にいらしてたけど)はNHKでおなじみのキャラクター、ドーモくんを手がけてた人。

撮影に身近な人間が関わってるんで観に行ったってのもあったんだけど(フツーに考えて俺のキャラじゃねーじゃん!)面白かったよ。

癒されるし。デートとかで行ってもホンワカしていいカンジかもよ、若い衆!

ハナクソタレントのつまんねー映画よりはゼンゼンいいんじゃん。時間経つの早いし、童心に戻れるし。

渋谷シネマライズでしばらくやってるんで。

予告編も気になる作品あったなあ。

(特に気になったの韓国映画だったと思うけど、95分ワンカットだって。よくやるなあ。どんだけリハーサルしたんだろ?)

俺、やっぱ国内外を問わずミニシアター系のノリって好きなんだろうな。

・・・役者としては人形に負けてりゃ世話ねーんだけど、セリフなんてなくても人に伝える事できるよなあ・・・なんて思ったりしたなあ。

表現って撮り方1つ、こだわり1つでいくらでも面白い事できる気もするなあ。

| | コメント (1)

2006年12月 6日 (水)

貧乏性・・・

自分で忙しくしてるんだけど、やる事多すぎて頭から煙出そう・・・。

ヒマにしてるとすぐマイナス思考が「こんにちわ!」っつって来やがるからなあ・・・。

でさ、会いたい人いっぱいいるんだよ。

でもタイミング合わなかったりでさ、スケジュール調整するのも大変なんだよね。

それから中国語(普通話)。面白いけど難しい。

中国語やってると英語ももっとやれよ!とか思うだろ?

それから、書きかけ台本、進まなくて悩むだろ?

映画化したい作品、いくつかあるけど企画書どっから手をつけるべきか、わかんねえだろ?

面倒くさいけど、イベント関係の仕事もしなきゃだろ?

もう、大変なんだよ。

スターじゃねえからこっちから発信しなきゃ放っとかれるだけだし。

俺はここにいますよ!!!

・・・役者なんて失業を前提としてるからなあ。

先の予定が薄くなると、すぐ不安になるし・・・。

悲しいサガだなあ。

| | コメント (1)

2006年12月 3日 (日)

・・・差別・・か・・。

今日、TX(テレ東)でキム・テグワン監督の『望郷の窓』という番組をやってた。

キム監督は昔、映画の主演に俺を抜擢してくれた人なんだけど、もともとCMも撮ればドキュメンタリーも劇作品も撮るマルチな才能を持つ映像作家。

で、今回はドキュメンタリー+ドラマの番組。

テーマはハンセン病。

感想は監督に直接メールしたのでここでは書かないけど、差別問題の根は深い。

ハンセン病以外にもHIVもそうだし、原因は違っても昨今のいじめ問題も・・・。

俺も肺を患った時、平気だっつってんのに「伝染るんじゃねえの!」みたいな事を躊躇いもなくぬかすバカが何人かいたので、差別される側の気持ちもちょっとは理解できる。

監督も在日の方なので、理不尽な差別に対しては含む部分もあったんじゃねえかなあ・・・。

いじめはよくない、差別はよくない。

そんなの誰もが言葉レベルでは理解してると思うけど、事の本質は字面じゃ解決しねえ・・・。

日本もアジアのちっぽけな島国なのに、本気で「日本は特別で他のアジア諸国とは違う」とか考えてるバカも世の中にはいるもんなあ・・・。

アホみたいな特権意識だけ持って中国だからどうとか韓国だからどうとか言ってるお前らだよ!

でもまあ、どこの国にも根性の腐ったバカはいるしねえ。

・・・あれ、俺はいま、「根性の腐ったバカ」を差別してねえか?

ね?

だからさ、誤解を恐れずに言えばワザワザ人に嫌われる言動をするヤツがさあ、それが原因でみんなに嫌われて後になってイジメられた!とか言っても、そんな嫌われるような事するから・・・みたいな部分もあるわけじゃん。

それはイジメられてんじゃなくて嫌われてんだよ・・・。

あ、別に「イジメられるヤツに原因がある!」的な乱暴な事を言ってんじゃないよ。

でも、俺だっていつでも誰とでも笑顔ってわけにゃいかねえし、生理的にどーしても受け付けない苦手なタイプっているからねえ。

そこをあんまり無理するとストレスになってこっちがシンドイもん。

それなら単純に付き合わなきゃいいって話じゃん。

・・・難しいね・・・。

あ、念のために言っとくけど俺、ガキの頃クラス中から嫌われてた事あるから。

まあ、確実に俺が悪かったんだけど。

もしこれを読んでる中にイジメられてる、あるいは嫌われてて悩んでるヤツがいるならとりあえず聞いて!

まず、死ぬな!

別に俺、そんなに自殺そのものを悪い事とは捉えてないんだけど(前向きな死ってあると思うし)でも、そんな事で死ぬのはもったいねえと思うよ。

学校、職場、家庭、何にせよ今いる環境がすべてじゃねえから。耐えられない程の苦痛なら単純にそこを離れりゃいいんだよ。

でも、どこいったって自分自身が変わる意識を持たねえと始まんねえよ。

どうしたってイジメられ体質ってあるし、それを引きずってたら環境変えても同じだから。

生きてる以上、他者とのコミュニケーションは必要不可欠だし、そのためには自分を抑えてもコミュニケーションを優先させる部分も必要になってくるから・・・。

引きこもっちゃったら他者とのコミュニケーションを遮断しちゃう事になるから解決しねえ。好きな事でいいから、他者との接点は持つように!

それさえ出来りゃきっと仲間も見つかるし、分かってくれる人と出会えるから!

・・・なんか、熱くなっちゃった。(今、フッと我に帰りました)

ところで話違うけど、ロシアのプーチン、むちゃくちゃやってんなあ・・・。

日本が政府に反対する人間に毒を盛り出したら、俺なんて結構早い段階で盛られそうな気がする・・・。

| | コメント (0)

2006年12月 1日 (金)

九州。

九州から東京に戻って来ました。

なので、軽く振り返ります!

26日

昼過ぎの飛行機で鹿児島空港へ。

熊本県人吉市に前ノリ。

金山一彦さんと「軽くビールでも!」っつー話になり、フラフラ町を散歩。

なかなか店を発見できなかったが、1時間弱歩き回りイイ感じの店発見。

ホルモンつまんでビール!

明るいウチからビールはうまい!

役者としての考え方など貴重なお話もいただき、ありがとうございます!

27日

撮影。

俺の出番はこの映画『北辰斜めにさすところ』唯一の戦争シーン。

ワンシーンでも物語の中では、かなり重要なシーン。

映画が2時間あったとしても、このシーンは数分しかない。

この数分で戦争の哀しさを表現しなければ!なのです。

プレッシャーもあるが、やりがいもある。

いや、映画はイイね、やっぱ。

やってて楽しいし充実もする。

無事このシーンの撮影を終え、この作品自体の2ヶ月に渡る九州ロケも終了。

おつかれ会にも参加し、地元ボランティアの方も交えて球磨焼酎(米)をしこたま呑む。

28日

撮影終了っつー事で昼過ぎに鹿児島の実家へ。

夕方は知ってる地元の広告代理店にご挨拶。

夜は家族で近所の銭湯へGO!

あ、ちなみに鹿児島の銭湯って全部温泉だから。

目の前に活火山あるし、どこ掘っても温泉出てくるんだよね。

鹿児島に住んでた時は日常の感覚だったけど、今思えばスゲー環境だよなあ・・・。

29日

今度は南日本放送にご挨拶。

まあ、ワケあってここには俺を小学生の頃から知ってる方もチラホラ。

33歳にもなって「大きくなったね~!」といわれるとサスガに若干テレる・・・。

で、イキオイでラジオにも出演する事に!

有難い事です。

鹿児島の人は1月7日にOAされるからよろしく!(OA詳細は後日ね。)

収録後は高校時代の野球部の仲間と飲み会!

急な話にブツブツ文句垂れやがりながらも7人も集まってくれた。(集合かけたの前日だぜ!?)

みんなカタギの仕事だし、突然スケジュール空けるの大変なのに。

こーゆーのってウレシイなあ。

で、コイツらとは何年ぶりだろうと会った瞬間から昔の関係に戻れる。

またまた、楽しい酒でした。(今度は当然、芋焼酎)

30日

今度は昨日のラジオ出演の時の担当の方から新聞社に連絡が行き、南日本新聞から取材を受ける事に。

インタビュー形式での取材だったんだけど、一通り終えた後も映画談義に花が咲き、1時間以上話したんじゃねえかな。

ありがとうございます。

そんな感じで地元・鹿児島のいろんな温かさにもふれ、ロケも充実し、とても心地よい九州行きでした。

映画の完成も楽しみだな。かなりイイ作品になりそう。

| | コメント (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »